原発性無月経~低用量ピルで妊娠できるようになるの?

生理が来ない状態を無月経と呼びますが、無月経のうち18歳までに一度も生理がないのが「原発性無月経」、一度は生理が来たが無月経に陥ったものが「続発性無月経」です。
このうち「原発性無月経」は、原因によって、特徴ある症状が見られます。染色体異常や卵巣形成障害が原因の場合には、乳房や恥毛などの二次性徴が見られません。卵巣に異常があって、女性ホルモンが分泌されない状態です。
子宮や膣の欠損が原因の場合には、二次性徴は認められることが多く、月経血流出路に異常があれば、周期的な生理痛があります。
視床下部や下垂体に原因がある場合、中枢性無月経とも呼ばれます。視床下部性では性腺刺激ホルモンが出ず、下垂体性ではゴナドトロピンが作れないため、これらに反応して分泌される女性ホルモンが出ずに、無月経となります。
高プロラクチン血症の場合、乳汁が出ます。脳下垂体腫瘍による高プロラクチン血症の場合には、頭痛や視野狭窄などの症状が見られることがあります。
治療の際には、血液検査やホルモン検査、ホルモン負荷検査などで原因を特定します。治療は原因によって異なり、月経や妊娠成立など、目標によっても異なります。ただし原因によっては、妊娠が難しい場合もあります。
月経を起こす治療としては、低用量ピルなどの女性ホルモン剤、妊娠成立には排卵誘発剤を使います。この他、手術や漢方薬、プロラクチン降下薬などを症状に応じて組み合わせます。
思春期の場合には、低用量ピルで月経を起こしていると、自然に排卵することが期待できます。
無月経には、病気が隠れていることも考えられますので、生理が来ない悩みがあれば、早めに病院で相談することをおすすめします。