低用量ピルは射精が可能な避妊薬です

性交渉の避妊に使用するものとして、コンドームや低用量ピルなどがあります。コンドームは男性に協力してもらう必要があります。しかし、もし男性側が避妊に協力的でない場合、女性側で生理をコントロールし避妊できる薬が低用量ピルです。低用量ピルは毎日服用することにより、女性に定期的にある排卵を抑制します。また、子宮内膜の増殖も抑制します。そのため、女性の身体自体が妊娠をしない状態になるのでコンドームよりも安全な避妊方法です。
低用量ピルは毎日服用することで、女性の身体の3箇所に作用します。1つ目は排卵を抑制するように卵胞の成熟ホルモンの分泌を抑えます。2つ目は子宮内膜の増殖を抑え、着床しづらくなります。3つ目は子宮頚管の粘液を変化させることにより、精子の侵入を防ぎます。そのため、男性側が射精したとしても妊娠を防ぐことが可能です。
そして低用量ピルには避妊以外にも女性に嬉しい効果もあります。毎回、生理のたびに激しい腹痛やつらい貧血に悩む女性は多くいらっしゃいます。そんな方が低用量ピルを服用すると、そういった生理の症状が軽くなり、乱れがちな生理周期も安定します。また生理前によくあるイライラも抑えることができます。しかも肌荒れやニキビが抑えられる効果もあります。
このように低用量ピルは女性自身が服用することにより、コンドーム無しでも安心して性交渉を行える薬であると共に女性に嬉しい効果がたくさんある薬です。どれだけ好きな相手でも避妊に協力的でない場合、女性側で事前に防ぐ必要があります。そんな時、効果的なのがこの低用量ピルです。飲み慣れるまでは、ホルモンバランスが安定せずダルさや吐き気があったりしますが、一度安定すると問題なく飲み続けられます。